総量規制 カードローン メリット

総量規制対象のカードローンのメリット

総量規制っていったい何?

カードローンには総量規制の対象となるものと、総量規制の対象とならないもの(規制対象外)のものと2つの種類があります。

普段聞きなれない言葉なのでちょっと難しそうに感じますが、一言でいうと「総量規制」とは利用者によるお金の借り過ぎや金融会社による貸し過ぎを防ぐために、お金を借りる人の年収に応じて借り入れの限度額を制限する法律です。

総量規制のカードローン

内容は非常に簡単で、要はお金を借りるにあたり年収の3分の1を越える借り入れを制限する、つまり”キャッシングでは年収の3分の1以内の借り入れを限度としますよ”といったルールを定めた法律です。

これは利用者が借り過ぎてしまったり、返済ができなくなるといったリスクをなくすために、2010年に国が定めたもので、消費者金融による借り入れやクレジットカードのキャッシング枠の利用などの際に適用されるもの

たとえば月に3万円をアルバイトで稼いでいる主婦Aさんがプロミスなどの消費者金融でお金を借りる場合、年収に応じて主婦Aさんが借入できる限度額が決まります。

主婦Aさんの場合、ひと月の給料3万円×12ヶ月で36万円ほどがおおよそ年収ということになります。ちなみに消費者金融の場合、一般的に50万円を超える借り入れを希望しない限り、給料明細書などの収入証明書の提示は求められませんので、厳密な年収を提示する必要はありません。あくまでおおよその推定年収ということで大丈夫です

主婦Aさんの推定年収は36万円となりますので、消費者金融の借入やクレジットカードのキャッシング枠などを利用して借入できる限度額は、年収の3分の1となる12万円ということになります。

主婦が借り入れできる限度額は?

またアルバイトとして月の給料がおおよそ8万円を稼ぐ学生Bさんの場合でいうと、推定年収は96万円となりますので、同様に借り入れの限度額は32万円ということになります。

ちなみにこの総量規制は住宅ローンや自動車ローン、クレジットカードのショッピング枠の利用は対象となりませんので、それらの別枠として計算されます。

総量規制とは利用者の借り過ぎを防ぐためのもの

”年収により借り入れの限度額が決まる”というと、中には利用者を規制する余計な法律だ!と感じる方もいるかもしれません。

総量規制は消費者を守るもの

しかしこの法律が定められる以前は、一部の利用者の借り過ぎや逆に金融会社の貸し過ぎによって返済能力を超える借金を抱えてしまったという方がいたのも事実です。

手軽に借り入れや返済ができるキャッシングは利便性も高く、急な出費や給料日までのつなぎのときなど、現代人には欠かせないものになりつつあります

ですがそれだけに、気が付けばついつい借り過ぎてしまっていたなんて事態にならないともいえません。

そんなわけで、そんな借り過ぎの事態を未然に防いでくれる総量規制は、長い目で見て利用者が安心して利用するために不可欠な法律となっているのです。

プロミスなら職場や家族に内緒で借り入れできる

これらの法整備が行われるようになったことで、カードローンは多くの会社員やOLだけでなく、主婦や学生といった非正規雇用として働く方の利用も増えています。

主婦だって内緒で借りれる

またプロミスなどのカードローンは申込みから最短60分でお金を借りることができたり、すべてスマホだけで手続きができるなど、充実したサービスで人気を集めています。

こちらのサイトを参考に職場や家族にばれずにお金を借りることもできることから、できれば内緒にしておきたいという方にもおすすめ。

スマホひとつで無理なく借り入れや返済ができるプロミスは、初めてキャッシングを利用する方にまずおすすめしたいカードローンです。

プロミス

\総量規制のカードローンで今すぐ借りるなら/

プロミス

総量規制対象外のカードローン

総量規制対象外のカードローン

主婦でも借りれる総量規制対象外のカードローン

アルバイトでも借りれる総量規制対象外のカードローン

即日融資で在籍確認のないカードローン

保証人なしでカードローンを作る方法

家族にばれない即日融資のキャッシング

総量規制対象外のカードローン

過剰貸付がなく安心して借り入れできる総量規制対象のプロミスカードローン。アルバイトやパートでも借り入れ可能なプロミスで職場への在籍確認を省略する方法はこちら。
職場に内緒で借りたいときにどうしてプロミスがおすすめなの?