総量規制対象外 アルバイト

アルバイトが総量規制対象外で借りれる限度額は?

総量規制対象外ってなに?

総量規制とは貸金業法にある融資可能な上限額を定めたもので、過剰な貸付や借り過ぎによるトラブルを防ぐことを目的としており、融資可能な上限額は、年収の1/3までと法的に決められています。

総量規制があると、希望している金額を借りることができないというデメリットばかりを感じる方も多いかもしれませんが、そもそも借り入れ不可能な金額を借りるということは、結果的には返済が難しくなるということを意味していますので、利用者の過剰な借り入れから守るという意味でも大切な法律となります。

私でも借りれる?

しかし、総量規制はすべての借り入れに適用されるというわけではなく、いくつかの例外があります。

まず、クレジットカードを使用して買い物をした場合には、貸金業法の規制の対象外となりますので、年収の1/3には含まれません。

また、リボ払いや分割払い、ボーナス払いには、売買代金を分割して毎年あるいは毎月、定期的に支払うことを約束した売買である「割賦販売法」が適用されます。

また、銀行のカードローンの場合も、あくまでも銀行からの借り入れとなりますので、総量規制の対象には含まれません。

アルバイトが総量規制対象外で借りることができる上限は?

総量規制は年収の1/3までしか借り入れができないということは理解できましたが、それではアルバイトの場合も同様に1/3までしか借りることができないのでしょうか。

たとえば、アルバイトで毎月15万円の収入がある場合には、年収はおよそ180万円となりますが、アルバイトの場合であっても、正社員や派遣社員の方と同様に年収の1/3の60万円が、総量規制の範囲内で融資してもらえる限度額となります。

借りれたよ!

月々の収入が10万円の場合は、40万円が借り入れの限度額となります。

たとえアルバイトであっても、一定の安定した収入さえあれば、年収の1/3までは同様に借り入れを行うことは可能となっています。

もし上記の金額以上の借入を希望する場合には三井住友銀行カードローンのような銀行カードローンを利用することで規制を越える額の融資が可能となる可能性もありますよ。

三井住友銀行カードローン

\最短30分!即日融資の銀行カードローン/

三井住友銀行カードローン

総量規制対象外のカードローン

総量規制対象外のカードローン

主婦でも借りれる総量規制対象外のカードローン

アルバイトでも借りれる総量規制対象外のカードローン

即日融資で在籍確認のないカードローン

保証人なしでカードローンを作る方法

家族にばれない即日融資のキャッシング

総量規制対象外のカードローン

年収の1/3を超えるキャッシングも可能な総量規制対象外のカードローン。アルバイトやパートで収入を得ている方はもちろん、専業主婦でも借り入れできるカードローンもあるので、一覧からあなたにあったカードローン会社をぜひ見つけてみてくださいね!
総量規制対象外のカードローンBest3はこちら

アルバイトが総量規制対象外で借りれる限度額は?関連ページ

総量規制の対象外ならアルバイトでも借りれる?
総量規制対象外ならアルバイトであっても多額のお金を借りれる可能性が生まれてきます。
総量規制対象外のレイクならアルバイトでもお金を借りれる
貸金業法の範囲外でキャッシングサービスを行っている金融会社であれば総量規制対象外となり、融資限度額が年収の1/3以内という束縛を受けずに済むということです。
総量規制対象外でアルバイトがお金を借りる方法