総量規制対象外 カードローン

主婦でも借りれる総量規制対象外のカードローン

業界最低水準の低金利!主婦でも借りれる銀行とは?


専業主婦でも借り入れ可能

以前はカードローンというと少しネガティブなイメージもありましたが、近頃はイメージも良くなり、それに伴って学生や主婦、フリーターでも気軽に借入や返済ができる仕組みが整ってきました。

現在では日本人の約10人に1人が利用しているといわれるカードローンですが、ここではそんなカードローンの中でも専業主婦が借入できるカードローンを紹介。ぜひ借り入れの参考にしてみてくださいね。

3つのポイント

矢印

専業主婦でも借りれる会社とは?
カードローンは会社員じゃなくともアルバイトやパートで収入を得ている方であれば借入ができますが、自身で直接収入を得ていない専業主婦の場合、借入できる金融会社は限られてきます。これは2010年に施行された貸金業法の改正により、利用者の年収に応じて借入制限が課せられるようになったため。これにより専業主婦は総量規制の対象外となる銀行カードローンを利用する必要がありますが、専業主婦への貸付はどの銀行カードローンでも行っているわけではありません。そのため専業主婦が借入を検討する場合は専業主婦への貸付を認めている銀行カードローンを選ぶ必要があります。
webで申込む理由とは?
主婦が借入をするにあたり最も気になることとして挙げられるのが「夫や子供に借り入れがばれてしまうこと」です。お金を借りる理由は十人十色ですが、どんな理由であるにせよできれば内緒にしておきたいと思うのは当然ですよね。以前はカードローンというと電話での申込みや店頭、自動契約機を利用するというのが一般的でしたが、最近はネットの普及によりスマホやパソコンなどの端末を利用して申込みができるカードローンも増えています。そのようなサービスを利用することで、家族にバレずにいつでも借入や返済ができるようになります。
支払総額を抑えるとは?
カードローンはお金を借りる行為ですので、返済時には当然利息が発生します。そのため利息の低い、低金利のカードローンを選ぶことがポイントとなりますが、発生する負担は利息だけではありません。利息と同時に借入や返済のたびに発生するATM手数料を抑えられるカードローンを選ぶことは、利息も含めた支払い総額を抑えるための大切なポイントとなります。

まとめ

2010年の貸金業法の改正以降、印象も大きく変わったことから主婦の借入も一般的になりつつあるカードローン。

自身で所得を得ていない主婦がお金を借りるにはいくつかのハードルがありますが、低金利の銀行や手数料のかからないサービスなど、上手く借入先を選ぶことでより負担の少ない賢い借入が可能となりますよ。
3つのポイント

男性

女性

さらに…

できれば金利が低いと嬉しい…

できればスマホで申込めるといいな…

できれば安心の大手から借りたい…

結論

主婦が総量規制外で借りるなら みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン

 

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンの特長

最短即日融資(※1)
専業主婦でも借り入れ可能!
web申込みで郵送物なし(※1)
業界最低水準の低金利
200万円まで収入証明書不要
金利 借入限度額 収入証明書不要
3.0%〜14.0% 1,000万円 200万円まで
診断スピード 月々の最低返済額 無利息期間
10,000円〜 なし
融資までの時間 融資可能な職業 ひと月あたりの利息
最短即日(※1) 専業主婦・パート・アルバイト・学生可 【10万円】1,167円/月
【5万円】583円/月
※年利14.0%

(※1)みずほ銀行の普通預金口座がある場合


\総量規制外!主婦が低金利で借りるなら/

みずほ銀行カードローン

ばれずに借りるには
主婦がお金を借りるときにみずほをおすすめする3つの理由
専業主婦でも30万円まで借入可能
みずほ銀行カードローンは大手銀行が運営しているカードローンであり、総量規制対象外となっています。専業主婦であっても配偶者に安定した収入のある方なら融資可能で、借入限度額は一律30万円。もちろんパートやアルバイトで収入を得ている主婦の方ならこれ以上の金額を借りれる可能性もあるので、まとまったお金を借りたいという方にもおすすめのカードローンとなっています。
24時間スマホやPCから申込める
借入するにあたって、家族や知り合いにはできるだけ内緒で利用したいという方も少なくありません。みずほ銀行カードローンはスマホやパソコンから24時間いつでも申込み可能となっており、家事の合間やちょっとした隙間時間にも手続きを進めることができます。さらにキャッシュカードにローン機能を追加できるので、郵送物の中身を見られたり、ATMでお金を引き出す姿を見られても家族にばれずに利用することができます。家族に内緒でキャッシングしたいと考えている方にも利用しやすいカードローンです。
金利が低く、ATM手数料が無料
みずほ銀行カードローンは金融商品の中でも特に金利が低く、利息の負担を抑えられるカードローンです。3.0-14.0%という金利は消費者金融と比べれば4%近く低い水準となっており、10万円借りるときには年間で4,000円近く利息を抑えることができます。さらにコンビニATMなら月に4回、みずほ銀行ATMなら時間外であっても手数料無料で使えるのも嬉しいところ。利息だけでなく手数料まで抑えられるみずほ銀行カードローンは家計を担う主婦の方にぜひおすすめしたいカードローンです。

だから…


だから…



みずほ銀行

\総量規制外!主婦が低金利で借りるなら/

みずほ銀行カードローン


 

業界最低水準の低金利だけでなくATM手数料もかからないみずほ銀行カードローン。安心のみずほは負担を抑えたい主婦に最適なカードローンといえそうです。

主婦でも借りれる総量規制対象外のカードローン〔キャッシングコラム〕

配偶者に安定した収入があれば専業主婦でもOK

総量規制対象外のカードローンとは、収入の3分の1以上の金額を借り入れることができるカードローンのことを言います。

旦那に内緒で借りる

総量規制の対象となるローンですと確実に収入を得ていることが必要となりますので、アルバイトやパート収入がある主婦の場合は借り入れの申し込みの対象となりますが、専業主婦の場合は自分自身の定期的な収入がないため、申し込みができなくなります。

総量規制対象外のローンの場合は、配偶者が職業に就き安定した収入を得ていれば借り入れを認めることがあり、専業主婦は総量規制対象外の借り入れを利用できることになります。

総量規制の対象となるのは、消費者金融などの貸金業法下で運営されている金融機関で、銀行や信用金庫では適用される法律が違いますので、対象とはなりません。

銀行カードローンで申込むときに気を付けることとは?

銀行や信用金庫の借り入れは、総量規制対象外となりますが、幾つか注意したいことがあります。

専業主婦が借り入れをする際に、ご主人の承諾書や会社への在籍確認の審査、源泉徴収票の提出が必要となる金融機関もあります。

私にも借りれたよ!

ご主人に内緒で借り入れをしたい方はカードローンの商品説明書や概要の説明欄に記載をよく確認し、郵送物が自宅に届いてしまうカードローンは避け、申込者本人の身分証明証の提出だけで借り入れができるカードローンを選ぶようにしましょう

最近の銀行カードローンはネットで申込みや借入、返済が可能なカードローンも多く、自宅に郵送物が届かないよう配慮されているサービスも少なくありません。

専業主婦の場合は利用限度額が10万円から50万円ほどで、低めに抑えられることがほとんどですので、大きな金額を1度に必要とする場合には向いていないことがありますが、日常生活で足りない分を補完する使い方をするには十分な額と思われます。

中でもみずほフィナンシャルグループが提供するみずほ銀行カードローンは専業主婦でも30万円まで借入可能なカードローン。業界No.1クラスの低金利であることから多くの主婦の方に利用されているカードローンのひとつです。

みずほ銀行

\総量規制外!主婦が低金利で借りるなら/

みずほ銀行カードローン

総量規制対象外のカードローン

総量規制対象外のカードローン

主婦でも借りれる総量規制対象外のカードローン

アルバイトでも借りれる総量規制対象外のカードローン

即日融資で在籍確認のないカードローン

保証人なしでカードローンを作る方法

家族にばれない即日融資のキャッシング

総量規制対象外のカードローン

過剰貸付がなく安心して借り入れできる総量規制対象のプロミスカードローン。アルバイトやパートでも借り入れ可能なプロミスで職場への在籍確認を省略する方法はこちら。
職場に内緒で借りたいときにどうしてプロミスがおすすめなの?

主婦でも借りれる総量規制対象外のカードローン記事一覧

年収が少ない場合は特に総量規制対象外が便利現在、貸金業法によって規制されているカードローンの場合には、年収に対する借入れ制限があります。一般的な消費者金融などは総量規制対象となってしまうため、有名なアコムなどを利用したとしても年収100万円の人が50万円の借入れを実現できる可能性はまずあり得ません。もし、すでに他から借り入れがあってそれらを一社にまとめる場合には、総量規制対象のカードローンであって...

ほとんどがアルバイトでも契約することが出来るカードローンの種類を大別すると総量規制対象と対象外とに分けることができ、それぞれで利用出来る金額が大きく変わることがあります。総量規制対象となる場合には「年収の1/3まで」と借入れ制限があるのに対して、総量規制対象外の場合には審査次第では1/3を超える借入れが出来る可能性もあります。ただし、基本的にはすべての状況で総量規制の影響を加味されたうえで利用上限...

銀行系に適用される総量規制対象外のカードローンとは?2010年に貸金業法が改正されてから総量規制というルールが制定されました。このルールはキャッシングを利用する人を保護する目的で制定され、このルールによって年収の3分の1を超える借入は法律で不可となったのです。しかしこの総量規制のルールは全てのキャッシングサービスに該当するわけではなく、貸金業法に則ってサービスを提供している金融機関のサービスに該当...

夫に内緒で利用出来るのは総量規制対象外カードローンだけ専業主婦が借金をする時、夫が了承したうえで申し込みをすることもあれば「内緒で申し込みをする」という事も少なくありません。専業主婦は家事育児といった家庭を守るという仕事しているとはいえ直接的な収入がないことから借入には配偶者の安定した収入が必要ですが、「家計の収入が少ないが夫にプレッシャーをかけたくない」、「自分の責任で家計が一時的に苦しくなった...